文系大学生の平穏な日々

気をつけている合コンの服装

大学に入ってもう1年半が経ちました。同じ学部やサークルの友だちともすっかり慣れてきて、最近は合コンの穴埋めメンバーによく呼ばれるようになりました。

そんなぼくが合コンに行く時の服装に気をつけていることがあります。今回はそれを紹介しようと思います。ぶっちゃけ、合コンに行き慣れた友だちの受け売りだったりもするが許してほしいです。

合コンに行く時に、ぼくなりのこのルールを守るようになってから、実は最近モテはじめたので自慢したいのもあります。

服装

まずどんな服装をチョイスするかです。ぼくなりに、テレビで女性に人気のイケメン達をチェックしてみました。シャツにジーンズ、パーカー、カーゴパンツ、スニーカー。だれでも持っていそうな服を着てバラエティなんかによく出演しています。

イケメンたちはすごくシンプル。しかも、コイツイケメンかなあ?って思うやつほどシンプルな服を着ています。グレーや黒、白、紺のシンプルな服装がどうやら落ち着いて見えるようです。

そもそもなんでそんな服をイケメンは好んで着ているのか? どうやらぼくたち男性がかっこいいと思っている人って、女性にとっては濃いキャラだったりすることが多いみたいです。

で、個性的な服装ってかっこよく思うけど、女性からみればただのとっつきにくい人ってイメージになります。まず、原色や柄物、かわったデザインの服は個性が強すぎて女性ウケが悪くなります。パンクファッションとかアーミーファッションとかは特にウケが悪いです。まあコアな趣味だからそれは当然ですね。

以上のことから、量産系な服装を着ていれば、とりあえずなんとかなっちゃうってことは分かってもらえたでしょうか。

髪型

そして次に髪型。ぼくたち20代前半男子の芸能人がよくしている髪型。それはただ普通にカットした髪の先をくしゅくしゅとワックスなどで遊ばせている髪型。ただそれだけです。

男性でサラサラヘアとかは正直いって女性ウケは悪いです。なよなよして見えるからです。

ロン毛とかツーブロック、坊主もウケが悪いです。個性が強すぎて警戒されてしまいます。つまり、髪の毛も量産系ヘアースタイルがベストということになります。

アクセサリー

最後にアクセサリー。高価そうな時計とか、重厚そうな皮製品のものとかはダメ。成金ぽいしおじさんくさくなってしまいます。なにより、上記に記載した髪型と服装に合わないからです。

対男性なら高価なものは魅力的かもしれないが、相手は女の子です。女の子でも手を伸ばせそうな男物が好まれるのです。よって、雑貨店で売ってるシンプルな時計や皮ひものネックレスとかで十分なのです。

女性の警戒心がうすれる

この三つを守ったファッションをすることで女性は警戒心がうすれ、自分の手の届く距離にむこうから来てくれるケースが多いのです。

ぼくは今日も合コンに行くけど、もちろん上記のファッションルールを守って出かけてくることにします。ちなみに言っておくが、ぼくはイケメンではありません。